HOME > 会長メッセージ

会長就任のご挨拶

2018-2019年度会長
東京自由が丘ロータリークラブ
会長 石塚裕一

この度、2018-2019年度の会長を拝命いたしました石塚です。
この大役を無事果たすことが出来ますよう頑張ってまいりたいと思いますのでよろしくお願い申し上げます。幸い幹事を若く、非常に有能な須藤会員に引き受けていただき大変頼もしく感じております。

さて、本年度のRI会長はバハマEast Nassauロータリークラブ所属のバリー・ラシン氏であります。
そして本年度のRI会長テーマは
『BE THE INSPIRATION インスピレーションになろう』であります。

これは私たち一人一人がクラブ、地域社会、組織全体から直面する問題に勇気と希望そして創造性をもって立ち向かう、意欲を引き出す(インスパイアする)必要性を訴えているのです。そのことがまさに「インスピレーションになろう」なのです。

私たちのクラブは小さいながらもまとまりのとれた大変良いクラブであると自負しております。メインの事業である「ふれあいコンサート」も10回を数えしっかり地域に定着し地元の皆様も楽しみにされている事業となりました。今後も一層充実させて継続していきたいと思っています。しかし残念ながら現在のわがクラブの会員数は少なすぎると思います。
いま、まさに我々が「インスピレーション」になって周りの人たちの意欲を引出し、我々の事業に共感してもらい、友人を増やし、増強につなげていければと思っています。会員増強は手段であって目的ではありません。しかしながら増強がなされなければ奉仕の目的も達成できません。このことを会員全員の共通認識としてもっていただきたいと思います。

また、会員増強は長期的な計画に基づいてなされなければなりません。次年度、次々年度と連携を取って進めていきたいと考えております。
このような思いから本年度は「友人を作ろう」をテーマに進めていきたいと思います。

具体的には

  1. ふれあいコンサートをはじめとするわがクラブの活動をさらに充実させ地域の方々により共感をもっていただき増強につなげていく。
  2. 事業の継続性を大切にし長期計画もつ。
  3. 地元を大切に更なる交流を図る。
  4. 自由が丘及び周辺在住、在勤の人、また女性会員を迎え入れるべく努力する。

以上の考えのもと、若く意欲的な須藤幹事と共にがんばっていきたいと思います。
このページの先頭へ戻る