HOME > 幹事メッセージ

幹事のご挨拶

2018-2019年度幹事
東京自由が丘ロータリークラブ
須藤 和彦

2018-2019年度石塚裕一会長の要請をお受けして、初めて幹事を務めさせていただくことになりました。入会5年目でクラブの責任ある役職を仰せつかり、大変身が引き締まる思いです。

前年度にSAAをさせていただき、例会の運営について学ばせていただいたことを活かして、幹事の仕事をしてまいりたいと思います。
まずは全力で石塚会長のサポートをさせていただき、当クラブを盛り上げていく所存です。

本年度RIテーマ「インスピレーションになろう」について、石塚会長は我々が「インスピレーション」になって周りの人々の意欲を引き出し、 我々の事業に共感してもらい、会員増強につなげていくというお考えを発表されました。
私は少人数でアットホームな自由が丘ロータリークラブが大好きです。
ただ、クラブを運営するための予算について知る立場になりますと実情は厳しいものがあり、会員増強なくして当クラブの奉仕活動や発展はないのではないか、ひいてはクラブの存続にも関わることであると強く感じました。

本年度の新会員加入目標(4名)達成に向けて、会員組織委員会の方を中心に会員全員の力をお借りして最優先で取り組んでまいりたいと思います。
本年度は5月にロータリーデーが開催されますので積極的に活用することと、クラブ恒例行事である11月のボジョレーの会、夏の納涼親睦会、冬の年末親睦会に改めて大切な友人、知人をお誘いしてみてはいかがでしょうか。

本年度の「友人を作ろう」というテーマについて、クラブの楽しい行事を体験していただくことで、一人でも多くの人に「東京自由が丘ロータ リークラブ」の友人になってもらえればと思っております。また、地元の自由が丘や周辺に在住、在勤の方々に当クラブを知っていただく機会作りを考えていきたいです。
とはいえ私は未熟者でありますので、あまり気負わずに、できることから一つずつ取り組んでまいりたいと思います。

この一年間、ご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

このページの先頭へ戻る