HOME > 幹事メッセージ

幹事のご挨拶

2016-2017年度幹事
東京自由が丘ロータリークラブ
橋本昌司

2016〜2017年度「大島陽二会長」の要請をお受けし、入会6年目を迎え初めての幹事を務めさせて頂く事となりました。

これを機に、より深くロータリークラブの理念を掘り下げ学習して参る所存でございます。

また今年度は、広報情報委員の皆とタッグを組み、我が「自由が丘ロータリークラブ」が如何なる団体であるのか、また、どのような奉仕活動を行っているのかを、インターネットなどを活用して発信していきたいと考えております。

我々の理念を一人でも多くの方に認知頂き、また共感頂き、共に活動を推進するための人材や会員を増やして参れたらと願っております。もしも私たちのホームページに遊びに来られた方がおられましたら、是非とも我々の活動を見に来ていただきたいと思います。

今年度の国際ロータリー(RI)の会長、米国のジョン・ジャーム氏が掲げたテーマは「人類に奉仕するロータリー」でございます。また、我々第2750地区の運営方針は「奉仕の哲学を実践しよう」であります。

共に「人生の最大の目的は人類に奉仕する事」と語ったロータリークラブの創始者ポール・ハリスの意思を引き継ぎ、我々一人一人がこの目標に一丸となって立ち向かってまいりたいと存じます。

国際ロータリーの活動の一つに、全世界からのポリオの撲滅がございます。

また、我グループの活動の一つとして「カンボジア教師派遣プロジェクト」がございます。かつて、ロータリーの活動を知らなかった私は、個人レベルで細々とボランティア活動を行ってまいりました。

しかし抜本的な改善無くして不幸の連鎖は止められません。個人レベルでは叶わぬこのように規模の大きな活動はロータリーの目指すところでございます。

今年は「ロータリー財団」発足100年目という節目の年にあたり、まさに大輪の歯車の一片となり、目標に向かい、微力ながら役割を全うしてまいります。

このページの先頭へ戻る